借金したい。借金するには。キャッシング・カードローンなど即日融資でお金借りるなら良い借入先で

MENU

借金したい!どこで借りる?いつ借りられる?

お金が急に足りなくなった!借金したいけど、いつ借りられるのか、どこにいけば借金できるのかわからない!
そんな借金初心者の方のために、失敗しない借金の方法絶対に守るべきポイントをご紹介します。
急いでいる方もそうでない方も、ぜひ一度最後まで読んで頂いて、自分にあったキャッシングやカードローンを選んでください。

 

借金したい!私はこれを優先した!ランキング

借金したいと思った時、最優先にした事項はなんですか?
借金したいと思ってはいるけど、優先事項なんて考えていないよ、という方はまずは最初に自分の中で借金をするにあたって譲れない部分を決めることが大切です。借金したいと思った時には、まず自分の中で優先事項を決めてみてください。
それによってどこで借りるかということも変わってきます。

 

スピード

私は借金したいと思った時は、急ぎだったのでスピードを最優先しました。

 

今すぐ借金したい、少しの金額でいいから必要、金利や限度額などは関係なく、給料日までの間だけ借金したい

 

こういった方は、スピードが最優先になると思います。
キーワードは、「即日融資」。ちなみに最速は消費者金融ですね。

 

誰かにバレたくない

借金はしたいけど、借金していることを親にバレたらまずい!というのが2番目の優先事項でした。
親にも勤務先にもバレたら困るので、書類や明細書が郵送されたり、電話が実家や会社にかかってくるようなところは困ると思っていました。
また利用明細などがうっかり自宅におくられてくるのもできれば避けたいと思っていました。

 

キーワードは「WEB完結」。郵送物は一切ありません。
銀行カードローンでも、消費者金融でも、最近は流行なので多いですね。

 

低金利

私はとにかく急ぎで、しかも借りたい金額が5万円だったので金利については優先順位は低かったです。
給料日まで借りたいだけでしたし、給料日に返済したらもう利用するつもりもなかったので、低金利かどうかは重要ではありませんでした。

 

大きな金額を借りたり、長期間利用する場合は「低金利」は凄く重要であるということは、実際に5万円返済した時に利息を見てわかりました。
キーワードは「低金利」。銀行よりも低金利で借金できるところはありませんね。

 

このように、私の中の優先事項は、とにかく即日融資、でした。
なので、私は最も借りるスピードが早かった、消費者金融で借金することに決めました。
金利についても、消費者金融は無利息キャンペーンがあり一定の期間内に返済すると利息がかからないというサービスがあります。
すぐに返済できる金額であれば、低金利という意味でも消費者金融が最も低金利だということになりますね。

 

借金をする前に、自分が今最も最優先したいことは何なのか、しっかり自分の中で順位をつけておくことはとても大切です。
返済予定を考えるのと同じように、自分にとって優先したい事柄を決めておくことで、どこから借りればいいか自ずと選択肢は狭くなっていきます。
借金をしたい、と慌てる前に、まず自分がどういう理由で借りたいのか何を優先するべきかをまとめておきましょう。

 

 

 

 

すぐに借りたい!即日融資対応 オススメランキング

アコム

貸付利率
(実質年率)
自動審査受付時間 メリット
3.0%〜18.0% 8:00〜22:00/年中無休(年末年始は除く) パート、アルバイトでも融資が可能!

アコムは即日融資にしっかり対応!
はじめての方は、最大30日間、無利息!金利0(ゼロ)円サービス

アコムは24時間インターネットからの申し込みが可能!3秒あれば融資が可能か自己診断することができます。アルバイトやパートでも自身に安定した収入があれば審査可能。返済シュミレーションや利用状況の紹介もインターネットで簡単に行うことができます。
急ぎでお金が必要な方への強い味方、CMなどでも人気の消費者金融です。
【特徴】
・3秒で審査結果表示
・安定した収入があればアルバイトやパートでも融資可能
・審査〜契約まで来店不要で手続き完了

↓公式サイトはこちら↓

http://www.acom.co.jp/

 

プロミス

貸付利率(実質年率) 審査時間 メリット
4.5%〜17.8% 最短30分 30日間無利息サービス!

(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

24時間インターネット(PCやスマホ)からのお申し込み受付や契約・振り込みまでWeb完結も可能(※対象金融機関は200行以上あります。)! 店舗に行かれない方も気軽に利用することができます。

【特徴】
・審査から振込みまでWeb完結も可能!
・即日融資も可能(WEB契約の場合、当日振込(平日14時までにWEB契約完了が必要)みが可能)
・万が一の安心サポート

↓公式サイトはこちら↓

http://cyber.promise.co.jp/

 

 

→その他の総合人気ランキング

 

 

即日発行可能なキャッシング(カードローン)付きクレジットカードならこれ!

ほとんどのクレジットカードには、お金を借りるキャッシング機能が付いています。コンビニのATMなどですぐに借りれて、返済も柔軟にできます。クレジットカードの中には、即日発行が可能なものや、クレジットカードの発行で数千円分のポイントがつくものもあります!

 

アコムACマスターカード

カード受取可能時間 メリット
9:00〜21:00/年中無休(年末年始は除く) 最短、即日クレジットカード受け取りが可能。パート、アルバイトでもカード発行可能!

 

【特徴】
・最短、即日で(その日のうちに)クレジットカードを受け取りが可能。
・国際ブランドのMasterCardのクレジット機能が付いて、年会費無料
・インターネット上で、カード発行可能か3秒で診断でき、24時間申し込みできます。
・一定の収入があれば、アルバイトやパート、派遣・主婦の方でも申し込み可能です。
・利用明細の自宅郵送を無しにできる。家族等に利用を知られることもありません。(利用明細は店頭窓口、ATMで受取りやホームページ確認が選択できます)

 

 

楽天カード

カード受取可能時間 メリット
約1週間で郵送にて受取可能 年会費永年無料!

 

楽天カードはクレジット機能とキャッシングの両方使える万能カード!しかも約1週間でカードが届いてスピーディ!
インターネットでのお買い物をすることが多い方には特にお勧めです。
【特徴】
・楽天ポイントがどんどん貯まってお得!
・安定した収入があればアルバイトやパートでも融資可能
・今なら6.000円相当の楽天ポイントプレゼント

 

即日融資って本当に即日借金できるのか

私はとにかく急ぎで借金をしたいと思い、即日融資を得意としている消費者金融で契約をすることにしました。
しかし、内心は「本当に即日融資なんて言って今日借金できるんだろうか」と半信半疑でした。
しかも時間は18時。こんな時間から申し込んでその日のうちにお金を借りられるなんて、と半分あきらめていました。
最悪翌日でも良いかというのもありましたが、翌日は金曜日だったので今週中には借金ができるようにと願っていました。

 

実際に申し込んで見た結果・・・・
18時に申し込みをしても、即日融資は本当にその日のうちにお金を借りることができます!

 

即日融資の流れ

18:00 公式サイトから申し込み
18:30 審査開始、書類をスマホから提出
18:40 本審査中
19:00 近所の自動契約機へ移動
19:30 審査通過
20:00 手続き完了、カード発行

 

私は上記のような流れで申し込みをしてから2時間で借金をすることができました!
ポイントは、先に公式サイトから申し込みをしておいて、審査中にカードを受け取るために自動契約機まで移動しているところ。
これなら時間が短縮できますし、店舗の前で待つ必要もないのでスムーズです。
自動契約機に向かわなくても、振込キャッシングという方法でお金を借りることもできるんですが、私は書類やカードが郵送されると困るということと、何より今すぐお金が必要だったので、カードを取りに行きたかったというのが店舗まで出向いた理由です。
でも、これが恐らく最も確実でスピーディだと思います。

 

本審査は、ほとんどの消費者金融が21時まで行っています。
また、申し込みは土日祝でも22時まで可能なので、金曜だから、と焦る必要もありません。
本当に消費者金融はいつでも即日融資が可能です!

 

借金するならやっぱり低金利

私は今回非常に急いでいたので、金利についてはあまり考えていませんでした。
しかし、急いでいない人はぜひ「低金利」にはこだわって欲しいと考えます。
借金とは、借りたお金そのままの金額を返済すればいいというものではありません。
借りた金額+利息をまとめて返済する必要があります。
この「利息」の部分が金利に大きく左右されます。つまり、低金利の方が利息が少なくて済み、最終的に返済する金額が安く済むということです。
利息は金利だけでなく、借りている期間でも変わってきますので、低金利で借りておいた方が万が一長期間返済する事になったとしても安心して返済していくことが可能だからです。

 

低金利ランキング

1位・・・銀行 3%〜15%程度
2位・・・信販会社 3%〜18%程度
3位・・・消費者金融 18%程度

 

最も低金利なのは銀行です。
銀行は全てのカードローンやキャッシングにおいてダントツに低金利です。
といっても、全ての銀行カードローンが低金利なわけではないので、必ず確認してくださいね。
15%前後であれば、十分低金利です。

 

逆に消費者金融は最も高金利。その代わり、無利息キャンペーンなどですぐに返済できる場合は利息が0円で借りられる場合もあります。
信販会社は、低いところもあれば消費者金融並に高いところもあります。
信販会社とはクレジットカードのキャッシングのこと。これは持っているクレジットカードによって変わってきますので、クレジットカードでキャッシングする際は必ず金利を確認してくださいね。

 

このように、低金利で借りることを最優先に考えるのであれば銀行カードローン以外に選択肢はありません。
低金利を狙っている方は、銀行カードローンの中で比較するのがいいでしょう。

 

急いでいてもこれだけはチェック!借金のポイント

急いでいると、正常な判断ができなくなって後々後悔してしまうようなことがありますよね。
はじめて借金をする人でも、この部分さえ抑えていれば後悔することはないというポイントがあります。
今すごく急いでいる人は、最低でもここだけは確認して契約するようにしてくださいね。

 

甘い言葉に気をつける

「無職でも借りられます」「身分証なしでスピード融資」「誰でもすぐに借りられる」
このような甘い言葉に騙されないようにしてください!借金をする時、身分証が不要なこともありませんし、仕事をしていなくて借りられるということもありません。借金をするには厳しい審査があり、その審査に通過することではじめてお金を借りることができます。
甘い言葉には絶対に騙されないようにしましょう。

 

借金をするなら聞いたことのある名前を選ぶ

例えば消費者金融ならアコムやアイフル、プロミス、銀行ならちゃんと存在する銀行かどうか確認しましょう。
聞いたことのないところで借金をするのは危険です。ましてや何度も借金をしたことがあるのであれば色々と判断もつくと思いますが、一度も借金をしたことがない人は簡単に騙されてしまいます。必ず、自分が聞いたことがあるところで借りるようにしましょう。

 

返済は計画的に

どこで借金をしてもよく聞くフレーズだと思いますが、「返済は計画的に」。
借金をしたら、借りたお金+利息を返済しなければなりません。
いつまでに返済するのか、毎月いくらずついつまでに返済するのか、という計画を最初に立てた上でそれをしっかり守って返済するようにしましょう。
また、返済の際は目安として1ヶ月の給料の3分の1程度の金額を毎月返済する金額に設定するのが無難です。
あまり無理をすると返済が辛くなりますので、余裕を持って返済するようにしましょう。

 

まとめ
借金したい!と思ってインターネットなどで調べてみても何を最優先にしたらいいのかわかりませんよね。
借金ができるところというのは、想像以上にたくさんあって、そして実際に申し込み手続きを行えるような安全なところは数えるくらいしかありません。
自分で判断できない場合は、とにかく聞いたことのあるようなところで契約をすること。
また、借金をする時に低金利即日融資はどちらを優先するか、ということになると思います。
自分の中でいくらかりて、いつ返済するかを決めれば自ずとどちらにするか決まってくると思います。
優先順位をしっかりとつけて、自分にあったところで借金するようにしましょう。